順天堂大学医学部

③順天堂大学医学部

 

◎基本情報

・所在地: 東京都文京区本郷2-1-1

・交通手段:JR「御茶ノ水」駅より徒歩7分

・主な付属病院:順天堂医院(1020床)   

        静岡病院(552床)

        浦安病院(653床)     

        順天堂越谷病院(226床)

        順天堂東京江東高齢者医療センター(348床)

        練馬病院(400床)

 

◎大学特色                 

・1年は千葉佐倉キャンパス   

・一年生の二月からは御茶ノ水キャンパス

・ECFMG Certificate(米臨床研修医免許)取得にも力を入れる

 

◎入試問題研究

 

英語  読解問題:英文のテーマは、医学・医療、生命、環境、心理など自然科学系が多い。設問は、主題、内容説明、内容真偽、空所補充、欠文・段落挿入箇所など、英文の内容が理解できているかを問うものが中心である。また、読解問題のうち1題はインタビュー記事からの出題である。自由英作文:語数制限はなく、解答欄の大きさは19.8㎝×22行である。2020年度のテーマは「オンライン教育の長所と短所」。過去年度をみると教育・社会に関するテーマが多い。文法・語彙:例年、大問としては出題されていない。近年は、読解問題の中で文章中の語句に近い意味のものを選ぶという設問が多く出題されている。 記述+マーク、やや難、解答量は多い

 

数学  例年、出題範囲は「数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B(数列、ベクトル)」。マークシート方式による2題は標準的な問題が出題されているが、例年やや難しい問題も含まれている。記述式の〔3〕では、定義の説明や、基本的な公式や定理、有名な性質を証明させる問題がよく出題されている。したがって、公式や定理を覚えて使えるというだけでは対応できないので、注意が必要である。2018年度は解答しやすい問題が増えた。 記述+マーク、標準、解答量は適量

 

化学  例年、出題範囲は「化学基礎、化学」。理論・無機・有機の各分野から出題されているが、例年、理論分野の出題比率が高く、有機分野も〔1〕で理論と絡めて出題されている。無機分野は小問形式の出題である場合が多い。理論分野では、原子の構造、化学結合と結晶、反応式と量的関係、気体、電気分解、化学平衡などが頻出である。無機分野では、気体の発生、無機工業などがよく出題されている。有機分野では、元素分析と分子式の決定および構造決定が頻出である記述+マーク、やや難、解答量は多い

 

生物  例年、出題範囲は「生物基礎、生物」。体内環境や動物・植物の反応、遺伝情報、生態、進化・系統、代謝の分野からよく出題されている。その一方で、C4植物・CAM植物の光合成や植物群落に関する問題、細胞間結合に関する問題なども出題されており、出題内容は幅広い。最近はオペロン説、PCR法などの遺伝子分野からの出題が多いが、全分野偏りなく学習しておく必要がある。生態からの出題頻度も高く、2016・2018・2019年度と出題されている。2017・2018年度には進化・系統が出題されている。2017年度、2018年度に記述で遺伝子工学の問題が扱われている。記述+マーク、標準、解答量は適量

 

物理  例年、出題範囲は「物理基礎、物理」。例年、力学と電磁気を中心に全分野から出題されている。力学の問題は、その中にさまざまな内容が取り上げられている。万有引力、単振動、連結された物体の運動、円すい振り子、運動量保存、力学的エネルギー保存と、多様な内容の出題である。また、電磁気の分野も「電流と磁界」を中心に幅広いテーマが取り上げられている。2016~2020年度は、原子分野も出題された。マーク形式の〔1〕と記述形式の〔2〕で構成されている。記述+マーク、標準、解答量は多い

 

エース生本科生ログイン エース生現役生ログイン 映像口座 購入ページ 映像口座で学力アップ! 卒業生の活躍 校長とスタッフのBLOG 覚悟の瞬間 医学部受験情報 スタッフ募集中!