HOME > 医学部受験ブログ&予備校コラム > 医学部予備校コラム > 雰囲気に飲まれないで!医学部受験当日の3つの心構え


雰囲気に飲まれないで!医学部受験当日の3つの心構え

2016年09月28日

雰囲気に飲まれないで!医学部受験当日の3つの心構え

 

いよいよ受験当日!医学部に行くために頑張ってきたこれまでの勉強の成果を100%発揮したいですよね。
しかし実際のところ、合格できる力が十分にあっても、雰囲気に飲まれて自分の力を発揮できずに悔しい思いをする人も多くいます。
悔しい思いをしないためにも、今から当日の心構えを知っておきましょう!

 

「この中で一番頑張ってきたのは自分だ!」という気持ち

当日までの間、生活の中心を受験勉強において日々努力してきたはずです。
これだけ頑張ってきた自分自身を信じて試験に臨むことが一番重要です。
当日会場に入ると、周囲の受験生が自分よりも頭の良い人に見えてくる場合があります。
しかし実際は、そんなことはありません。
確かに中にはそういう人もいるかもしれませんが、大半の受験生はあなたと同じレベルなのです。
同じレベルの受験生の中で合格を勝ち取るために重要なのは、「気持ちで負けないこと」です。
「この中で一番頑張ってきたのは自分だ!」という強い気持ちを持って、本番に臨みましょう。

 

厳選した勉強道具で心を落ち着かせる

試験直前にも色々な知識を詰め込みたくなってしまうかもしれませんが、試験直前はお手洗いに行ったり精神統一をしたりと、意外と時間が無いのです。
「ここだけは確認しておきたい!」という厳選したものを持っていくと良いでしょう。
あれこれ詰め込もうとすると気持ちが焦りますが、「ここだけは!」と思うものさえ確認できれば安心することができると思います。

また、医学部の場合は小論文や面接が課されていることも多いでしょう。
小論文や面接の前は、特に勉強をする必要はありません。精神統一に時間を使いましょう。
自分の頭の中をクリアにして、「医学部に入りたい!」という強い気持ちを持って臨むことが大切です。

 

周囲の声は気にしない

休憩時間などに問題の答え合わせや「簡単だったよね」などの会話をする受験生もいますが、そういった声には耳を傾けなくて大丈夫です。
会話をしている本人たちだって答えを知っているわけではありません。
「簡単だった」と言いたくなるのは、本当は自信がないからです。
弱い人間ほど、自分を強く見せたくなってしまうのです。
どうしても周囲の声が気になってしまう場合は、音楽を聴いたり耳栓をしたりするのもおすすめです。

 

【まとめ】

雰囲気に飲まれないで!医学部受験当日の3つの心構え

当日に「自分は頑張ってきた」という強い気持ちを持つためには、そう思えるほどしっかり勉強して準備をしておく必要があります。独学だと自分の勉強法が正しいやり方なのか不安になってしまいがちですので、実際に合格実績があってノウハウをしっかり持っている予備校で勉強するのがおすすめです。自信を持てるような効率的な勉強を積み重ね、合格を勝ち取りましょう!

 

 

 
 

スタッフブログ

2019年08月30日

事務局の鈴木さんから後期の注意点について

医学部予備校コラム

2019年02月13日

英語科の藤原先生より「音読の重要性」について

校長ブログ

2019年09月28日

動画新バージョンの撮影を行いました。合格者も出演します。

全ての記事一覧を見る