HOME > 医学部受験ブログ&予備校コラム > 医学部予備校コラム > 医学部に特化した予備校は何が違うのか?


医学部に特化した予備校は何が違うのか?

2016年06月14日

01-1

 

医学部を目指す受験生にとって、自身の合否を左右するかもしれない予備校選びはとても重要です。多くの受験生が通うような大手有名予備校が良いのか?それとも医学部に特化した医学部予備校の方が良いのか?どちらを選ぶべきか迷っている受験生に向けて、今回は「医学部に特化した予備校は、一般的な予備校と何が違うのか」について、詳しくご紹介します!

一般的な大手予備校は、多ければ100人ほどの受験生が一気に1つの授業を受けることもあります。講師に対して生徒数が多いので、講師と生徒はそれほど関わりがありません。一方、医学部予備校の多くは少人数制や個別指導制をとっており、講師は生徒1人1人をしっかりサポートすることができます。授業内容でわからないところを質問したり、自分の苦手分野を効率的に克服したりできるのが、少人数やマンツーマン授業のメリットです。

 

医学部受験のノウハウを持っている

全ての大学を視野に入れる一般的な予備校と比べ、医学部予備校は医学部のみの対策に徹しています。そのため医学部受験に関するノウハウは医学部予備校の方が圧倒的に多いと言えます。各医学部の入試傾向を反映した授業や、医学部受験生を指導してきた講師陣、医学部のある大学の情報など、医学部受験生の欲しい情報をピンポイントで持っているのです。

 

同志がいることでモチベーションがアップする

01-2

医学部予備校の授業やサービスが医学部受験生にとって最良なのは当然ですが、同じように医学部を目指す受験生が周りにいることでのメリットも大きいでしょう。

長い受験生活の中では、モチベーションが下がる時もあります。しかし、周囲に同じ夢を目指す受験生が居れば、それが支えになる時もあるのです。一般的な予備校でも同志を見つけることはできると思いますが、医学部予備校なら予備校生全員が同志です。全員がライバルで、全員が同じ目標を目指す同志であるという緊張感は、医学部予備校ならではの雰囲気だと言えるでしょう。

 

一般的な予備校でも受験対策は可能ですが、医学部予備校は医学部受験にのみ特化しているため、より効率的に勉強することができると言えます。予備校が持っている情報量やノウハウはもちろん、周囲の受験生の質も非常に重要なポイントだと言えるでしょう。

 
 

スタッフブログ

2020年10月10日

事務局の根本さんから「朝食」の重要性について。

医学部予備校コラム

2019年02月13日

英語科の藤原先生より「音読の重要性」について

校長ブログ

2020年01月06日

当校の卒業生が合格後、医学部で頑張っている様子を聞きました。(第六弾)

全ての記事一覧を見る