HOME > 医学部受験ブログ&予備校コラム > スタッフブログ > 英語科の藤原先生から共通テストのリスニングについて


英語科の藤原先生から共通テストのリスニングについて

2020年07月03日

こんにちは、藤原です。本日は少しリスニングのお話をします。

共通テストではリスニングが100点満点と、センタ―試験よりも配点が高くなりましたね。リスニングの伸ばし方は詰まるところ、「たくさん英語を聴く」ということに尽きますが、ただ闇雲に聴いても効率が悪いです。

初歩の段階としては音の変化、連結、脱落など一定のルールを押さえることが大事になります。

例えば…
“get out of here”は「ゲット アウト オブ ヒアー」ではなく、「ゲダウドブヒア」みたいに発音されます。
①“get”と”out”、それぞれの“t”の音が”d”のように濁る(変化)
➁”get out”→「ゲダウド」、”out of”→「アウドブ」のように音が繋がる(連結)

こういうポイントを押さえたうえで、聴く練習をすることが大事です。

勿論これは一例に過ぎません。

①まずは聴いてみる

➁聴き取れなかった部分をスクリプトで確認し、実際の発音を押さえる

➂繰り返し聴く

このように練習していくと、実際の音が耳に馴染んでいきます。

他の科目の勉強時間も確保しないといけないので、学校や塾の通学中、帰宅中の電車の時間を使って上手く勉強しましょう!

藤原

 
 

スタッフブログ

2020年07月03日

事務局の宇田川さんから生徒の皆さんへ

医学部予備校コラム

2019年02月13日

英語科の藤原先生より「音読の重要性」について

校長ブログ

2020年01月06日

当校の卒業生が合格後、医学部で頑張っている様子を聞きました。(第六弾)

全ての記事一覧を見る