HOME > 医学部受験ブログ&予備校コラム > スタッフブログ > 事務局の山口より、模擬試験の活用について


事務局の山口より、模擬試験の活用について

2018年06月15日

こんにちは、事務局の山口です。

先日第1回のマーク模試、記述模試が実施されました。
すぐに自己採点をして、どの程度取れていたかを確認をしました。
得点や偏差値、志望校判定など正式な結果は後日になりますが、今やるべき事として、とても大切なのは、間違えた問題についての解き直しです。

どこまで理解していたのか、あるいは全く手つかずだったのか、問題によって難易度も異なりますが、解答解説をみて自分なりに納得することが重要です。
間違えた問題を解き直したあとは、さらに問題集などで類題を解いてみることも必要です。

間違いから学ぶことは多くあります。
単にテストの結果だけにとらわれることなく、自分の実力をつけるため、間違いを放置せず積極的に間違いと戦ってください。
それが今後の結果に結びつくことは言うまでもないことでしょう。

8月には第2回模試があります。
エース生はこうした全国模試を受験までに計7回やりこみます。
客観的に自分の成績を分析する道具の一環です。
その結果をもとにスタッフと学習方針を修正してゴールに向かいます!

これからの皆さんの努力を大いに期待しています。がんばりましょう!

 
 

スタッフブログ

2019年08月30日

事務局の鈴木さんから後期の注意点について

医学部予備校コラム

2019年02月13日

英語科の藤原先生より「音読の重要性」について

校長ブログ

2019年09月28日

動画新バージョンの撮影を行いました。合格者も出演します。

全ての記事一覧を見る