HOME > 医学部受験ブログ&予備校コラム > スタッフブログ > 現役薬学部生、事務の菊川より 受験期の勉強方法について


現役薬学部生、事務の菊川より 受験期の勉強方法について

2018年02月01日

こんにちは、事務の菊川です。

私は、薬学部に通っている学生です。

 

今回は、私の受験期の勉強方法についてお話していこうと思います。

 

まず私は、得意科目と苦手科目で勉強にかける時間を変えました。

高校2年生からエースに通い、峰岸先生に英語を教えてもらっていたため英語は得意科目であったので、高校3年生からは英語にかける時間を減らしました。

減らしたとは言っても、長文を読む時間、単語を忘れないように復習する時間は確保しました。わからない単語を繰り返すことで単語力がついていったと思います。単語は、移動中の電車内で主に勉強していました。短い時間で効率良く出来たと思います。

次は、数学の勉強方法についてです。

数学はマンツーマン授業を取っていたので、参考書を解いてわからない所を授業の度に質問するようにしていました。また、参考書の解けなかった問題に印を入れて、何回も解けていないようであればその問題をコピーし、解法を書いたノートを作り、見直すようにしていました。

最後に、化学の勉強方法についてです。

化学は私の中でかなり苦手な科目だったため、勉強時間は多くとりました。

化学は、覚えることも多かったのでノートに自分にわかりやすいようにまとめたり、参考書の解説の大事な部分に分かりやすく印を入れて何回も見直すようにしていました。

授業中に配られた先生のプリントを解説できるくらい理解してから次の範囲に取り組むようにしました。また、分からない問題はエースに来たら教えてくれる講師の先生、チューターの方がいたので良かったです。

 
 

スタッフブログ

2019年08月30日

事務局の鈴木さんから後期の注意点について

医学部予備校コラム

2019年02月13日

英語科の藤原先生より「音読の重要性」について

校長ブログ

2019年07月16日

2020年医学部入試説明会と、北里大学・東海大学の入試担当者からの大学説明会について

全ての記事一覧を見る