HOME > 医学部受験ブログ&予備校コラム > スタッフブログ > 国公立医学部合格に向けて(第1回:国公立医学部を目指す方へ)


国公立医学部合格に向けて(第1回:国公立医学部を目指す方へ)

2017年12月16日

【国公立医学部合格に向けて(第1回:国公立医学部を目指す方へ)】

こんにちは。エースメディカルみなとみらい 卒業生のS.Kです。

このブログを見ていらっしゃる方は現役生でしょうか?それとも高卒生でしょうか?
おそらく私は皆さんとは違って、特殊な経歴であると思います。

私は社会人として働きながら、主に仕事後や週末に勉強を続けました。
そのため(私の力不足もありますが)、3年かかってしまいましたが
2017年に国公立医学部という目標を達成することができました。

社会人と受験生の二足のわらじを履いていた私の視点から思うことですが、
現在、ご自身の時間の100%を受験勉強に費やせているのであれば、
それは幸せなことです。

同じことを続ける苦しみは当然あるでしょう。毎日勉強でしんどいと思うのは
当然だと思います。しかし、ご自身に「医学部合格」という大きな目標がある
方にとっては、目標を達成するために全力を注げる環境というのは素晴らしい
ものです。

私は、「昨日覚えたことを忘れてしまう恐怖」とずっと戦っていました。
学習の定着率というのは、その頻度に大きな関連があることは言うまでも
ないですよね。しかし、時間が限られれば同じことを繰り返す回数も
限られます。なにせ5教科7科目を勉強しなければならないですからね。

もし今、「勉強がつらくてたまらない」と思っている方は、「なぜ医学部に
行きたいのか?」をもう一度考えてみてください。皆さん、始めたころには
大きな希望を抱いていたはずです。やはり初心に帰ることでモチベーションは
保たれるのではないかなと感じています。

まぁ、少し説教じみてしまいましたが、結局は”ながら”で挑戦した自分が
クリアできた壁ですので、集中して挑んでいる皆さんできないハズがないのです。

ただ、それは正しいことをしっかりやることで得られると思います。
間違ったことをずっと続けていても、無駄に時間を浪費するだけです。

というわけで次回から、私が考える「国公立医学部合格に必要なこと」を
数回に分けてお送りしたいと思います。

 
 

スタッフブログ

2019年08月30日

事務局の鈴木さんから後期の注意点について

医学部予備校コラム

2019年02月13日

英語科の藤原先生より「音読の重要性」について

校長ブログ

2019年07月16日

2020年医学部入試説明会と、北里大学・東海大学の入試担当者からの大学説明会について

全ての記事一覧を見る