HOME > 医学部受験ブログ&予備校コラム > 医学部予備校コラム > 「受験直前1週間以内の過ごし方、心構え」(現役合格男子A君の場合)        -合格者の体験座談会より


「受験直前1週間以内の過ごし方、心構え」(現役合格男子A君の場合)        -合格者の体験座談会より

2017年01月20日

■「受験直前1週間以内の過ごし方、心構え」(現役合格男子A君の場合)-合格者の体験座談会より

先日、エースメディカルから医学部に合格した先輩たちに集まってもらい、「受験直前1週間をどう過ごしたか?どういう気持ちで受験前日を過ごしたか?」というテーマで座談会を行いました。
一人一人面白いほど別々の様々な意見がありましたが、基本の過ごし方と心構えには共通点も多く、とても興味深い内容となりました。
そこで、あくまでも事例にすぎないですが、医学部に合格した先輩がどのように医学部受験に臨んだかをご紹介したいと思います。
今回は 1年で偏差値を15以上アップし、現役で第一志望に合格したA君のケースを紹介します。

 

★現役男子A君の場合 (都内私大医学部合格)

 

■志望校受験 直前1週間の過ごし方(勉強編)

まず念頭に置いていたのは、今までやってきたことを自信にすることでした。
そのためにいくつかやったことを挙げます。
・峰岸校長から特に英語で差がつくことが多いと聞いていたので、直前1週間は英語の基礎の見直しや単語と熟語の見直し、そして校長から出題された読解の見直しを中心にやりました。
・数学など他の教科は、過去問を中心に、試験と同じ環境だと考えて時間配分なども気にかけて練習しました。
・自分の苦手克服のシートを先生に作ってもらっているので、それに沿って再確認をしました。既に1年間苦手克服に励んでいたので、見直してできることが確認できるととても自信になりました。漠然と苦手だ・・・と思っているような状態ではなく、目の前に苦手を形にして示されているのは、再確認するうえでとても効率的で、自分にとってとても大きな力となりました。

英単語

 

■志望校受験 直前1週間の過ごし方(生活編)

いつもは予備校から帰ってさらに復習をしてと、夜中まで勉強していることが多かったですが、年明けからは早く寝て、朝型の生活をするように心がけていました。
食事も規則正しい時間に取れるようにしたことで、生活のリズムができ、試験当日にも余裕をもって臨むことができました。
それと寝る前には、緊張せずリラックスできるように大好きな音楽を聴く時間も作りました。ほんのちょっとの時間ですが、リフレッシュできてよく眠れました。

 

■志望校受験 直前1週間に心がけたこと

・自分の自宅から受験会場までは遠いので、余裕をもって会場に着くことを想定し、毎日遅くても6時には目覚めるように、生活リズムを朝型に変えて、スッキリとした気分を作り出すことを心がけました。
体が慣れるととても早起きは気持ちよく、気持ちにゆとりができました。
これも精神面で一つの自信になったような気がします。

・体を動かすことで、健康面にも注意しました。日ごろは毎日毎日、自宅→学校→予備校→自宅と、少し歩くくらいで体がなまっていたので、冬休みから軽い室内運動など、無理のない程度に体を動かすことを心がけました。

・受験前日はやはり落ち着かないという気持ちがありましたので、少しだけ英単語カードを見直したりしましたが、じたばたしても仕方ないと思い、美味しいご飯を食べて、風呂に浸かり音楽を聴いてゆっくり寝ました。

・全般的に心がけたのは、試験当日に風邪など体調不良にならないように、適度な運動と朝型の規則正しい生活をすることによって、健康面の不安を無くすことでした。
体調を崩すと自信も無くなったりするので、自信を持てるように心がけていました。

 

■校長より一言

・とてもまじめな生徒だったA君らしい過ごし方だと思います。
タイプとして合っているやり方だったのでしょうね。
エースメディカルに通い始めたころは自信さなげで頼りない印象もありましたが、コツコツと努力することで偏差値も確実に伸ばしていき、自信をつけて受験に臨めたのは本人にとって大きなことだったと思います。

 
 

スタッフブログ

2019年08月30日

事務局の鈴木さんから後期の注意点について

医学部予備校コラム

2019年02月13日

英語科の藤原先生より「音読の重要性」について

校長ブログ

2019年07月16日

2020年医学部入試説明会と、北里大学・東海大学の入試担当者からの大学説明会について

全ての記事一覧を見る