HOME > 医学部受験ブログ&予備校コラム > 医学部予備校コラム > 寮付き医学部予備校を選ぶメリットとは?


寮付き医学部予備校を選ぶメリットとは?

2016年06月14日

02-1

 

医学部予備校の寮に入るかどうかを考えた時、自宅を離れて受験生活を送ることへの不安を感じる人もいるかもしれません。しかし、寮に入ることは受験生にとって合格へ近づく大きな一歩でもあるのです。今回は寮付き医学部予備校を選ぶメリットをご紹介いたします。

 

居住地に関わらず評判の良い医学部予備校に通える

地方出身者であっても都市出身者であっても、合格するためには実績や評判をしっかり見て予備校を選ぶことが大切です。だからこそ、「家から近いから」という理由で予備校を選ぶことはおすすめできません。

家から通える範囲に評判の良い医学部予備校がなかったとしても、寮付きであれば場所に関わらず通うことが可能です。また電車に乗って通う場合にかかる通学時間も勉強に当てることができる上に、満員電車に乗って無駄なエネルギーを消費することもありません。

 

勉強に集中できる環境が整っている

寮に入れば、自分の部屋で勉強している時に家族から干渉されることもありません。自宅に居ると手を出しがちなマンガやゲーム、友達からの遊びの誘いなどの誘惑も、寮に入ってしまえば断ち切ることができるかもしれません。

家事に不安がある人や、自分1人では規則正しい生活ができるか心配な人は、寮母さんが

いる寮を選びましょう。寮母さんが居る寮(学生寮)では、食事も提供されます。また、門限などの生活する上でのルールが決まっているところもありますので、「1人暮らしだと不規則な生活になってしまいそうで不安」という人には向いています。毎日の食事を考えずにすむので、勉強にだけ集中することができますよね。

逆に「共同生活だと集中できないから自分の生活スタイルで勉強に集中したい」という人には提携寮(予備校提携マンション)などの完全な1人暮らしスタイルの寮がおすすめです。

 

同じ目標を持つ仲間がいてモチベーションが上がる 

02-2

 

同じように医学部進学を目指す人が寮にいることで、モチベーションはぐんと上がります。つらい時は励まし合い、互いに良い刺激を与えながら共に目標を目指すことができます。受験は最終的には1人での戦いですが、良きライバルがいるかどうかによって成績の伸びはまったく違います。ライバルであり良き仲間である受験生が寮に戻ってからも勉強していれば、自然と「自分もやらなきゃ!」という気持ちになりますよね。

 

同じように医学部進学を目指す人が寮にいることで、モチベーションはぐんと上がります。つらい時は励まし合い、互いに良い刺激を与えながら共に目標を目指すことができます。受験は最終的には1人での戦いですが、良きライバルがいるかどうかによって成績の伸びはまったく違います。ライバルであり良き仲間である受験生が寮に戻ってからも勉強していれば、自然と「自分もやらなきゃ!」という気持ちになりますよね。

 
 

スタッフブログ

2020年09月16日

事務局の島崎さんから現役生へ

医学部予備校コラム

2019年02月13日

英語科の藤原先生より「音読の重要性」について

校長ブログ

2020年01月06日

当校の卒業生が合格後、医学部で頑張っている様子を聞きました。(第六弾)

全ての記事一覧を見る