HOME > 医学部受験ブログ&予備校コラム > 医学部予備校コラム > エースの東大卒の教務主任が見た「受験に成功する人の特徴」


エースの東大卒の教務主任が見た「受験に成功する人の特徴」

2019年01月17日

エースメディカルが誇る東大卒の教務主任が感じた、
受験を成功させた生徒が共通して持っていた資質について3つほど挙げたいと思います。

①自己管理能力
 当校では、勉強を管理するツールとして「Over the Rainbow」というものを用いています。ここには毎週の学習スケジュールや、テストの記録などを記入するのですが、1年を通してしっかりと記入する生徒、しない生徒どちらもいます。今まで医学部受験を成功させてきた生徒は、ほぼ例外なくこの「Over the Rainbow」を使いこなしてきたのではないかと考えています。なんとなく日々勉強するのではなく、しっかりと目標(ゴール)を見据えた上で、そこから逆算して計画的に勉強するということは、非常に大事なのではないかと思います。

②素直さ
 もう1つ合格した生徒に共通して言えるのは、「先生に言われたことを忠実に守り、当たり前のことを当たり前にやった」ということです。昔から日本では、武道、茶道、スポーツなどにおける修行の理想的な在り方として「守破離(しゅはり)」という概念が使われてきました。これは、何事においてもまずは師匠(学校や塾の場合先生)から言われたことを「守り」、その後、その型と自分を照らし合わせて自分に合う良い型を作るために「破り」、そして最後には「離れる」ということを意味しています。ここで最も大事なのは最初の「守り」の段階で、まずは先生から言われたことを「守り」、勉強の土台作りをしなければ、その上に積み重なるものも積み重なりません。よくある失敗例として、最初から先生の言われたことに疑問を抱き、自分勝手に型を作ってしまい、基礎がガタガタのまま受験を終えてしまう生徒がたまにいます。まずは、「素直」に先生の教えを守り、応用を効かせていくというのも受験を成功させるコツであると確信しています。

③自信
 3つ目は何と言っても「自信」だと思います。かなりスピリチュアルな感じになってしまいますが(笑)、これはとても大事なものだと思います。ここでいう「自信」とは、根拠のない自信ではなく、圧倒的な努力という裏付けのある自信です。テレビで見るプロ野球選手だって、「どうせ負けるなー」と思いながら試合しませんよね?
 では自信をつけるにはどうしたら良いか。それはもうひたすらに量をこなすしかないと思います。トーマス・エジソンが言った有名な言葉で「成功は1%のひらめきと99%の努力によるものだ」というのがあります。彼は99%努力してもひらめきがないと失敗してしまうというシニカルなニュアンスでいったそうですが、私は99%の努力を出来る人間だけが成功できるという風にとらえています。実際彼も1日18時間も働いていたようですし、人並み外れた努力をしていたからこのような発言が出てきたのでしょう。

よく「先生はもともと頭が良かったからそんな良い大学受かったんでしょ。私は馬鹿だから無理」みたいなことを言ってくる生徒がいるのですが、大学受験合格に特別な才能なんていりません。

なぜなら年間に何十万人もの人が大学受験を成功させているわけですから。
共通して大事なのは上記3点だと思います。

まとめると、
『まずは先生に言われたことを徹底的に守り、計画を立て自己管理をしながら圧倒的な努力をする。』
 
これが大学受験突破のポイントなのではないでしょうか。

 
 

スタッフブログ

2019年07月16日

夏の努力は合格への道!夏期講習の時間の使い方 -事務局新妻さんより

医学部予備校コラム

2019年02月13日

英語科の藤原先生より「音読の重要性」について

校長ブログ

2019年07月16日

2020年医学部入試説明会と、北里大学・東海大学の入試担当者からの大学説明会について

全ての記事一覧を見る